東京で鍼のお勉強1

東洋はり医学会第9回全国指導者研修会に参加してきました。
関西空港から羽田空港へ。
b0125487_23205739.jpg

研修会場&宿泊先の東京グランドホテルです。
b0125487_23212662.jpg

開講式の後、中田会長による、基調講演の模様。
ダジャレが好きな先生です。
b0125487_23221446.jpg

実技解説の模様です。
b0125487_2324676.jpg

実技風景です。
国内外の指導者達が研修しています。
b0125487_23243738.jpg

初日の研修会後に行われた懇親会の模様です。
中央に移っているのが、香川支部長の弓田先生です。
両サイドが一緒に参加した、関西支部副支部長の三好先生と学術部長の神開先生です。
b0125487_23251743.jpg

札幌中央支部長の稲富先生と、我らが関西支部副支部長の小河先生です。
b0125487_23283959.jpg

小河先生と神開先生によるフォトレポート。
#1中田会長。
b0125487_23255848.jpg

#2村上名誉会長と奥様。
b0125487_23262598.jpg

#3鹿住副会長。
b0125487_232645100.jpg

#4谷内副会長。
b0125487_2327245.jpg

柳下先生のお孫さんの伊藤琴世先生と。
b0125487_23273216.jpg

柳下先生の最後のお弟子さんの清野先生と。
b0125487_232819.jpg

柳下先生の高弟、西山先生と江花先生(八王子支部長)。
今回もお世話になりました。
b0125487_23281891.jpg

懇親会で献身的に動いておられた執行部の先生方です。
感謝です。
b0125487_2329817.jpg

二日目の質問会の様子です。
この後、支部代表者会議、閉講式で全日程が終了しました。
b0125487_23293219.jpg

二日間はあっという間でしたが、実りある研修会でした。
一緒に参加した、小河先生、三好先生、神開先生お疲れ様でした。
最後に、このような機会を与えて頂いた、関西支部のみなさまに感謝申し上げます。
[PR]
by dentouijutu | 2012-07-30 23:30 | 学会・研修会

不眠、下痢、倦怠感の妊婦の治療を脾虚で治療。
経絡治療家は妊婦の治療も度々引き受けるが、以下注意事項を記載する。

『医心方』によると、(超重要!)b0125487_22581346.jpg
懐妊一ヶ月は、肝経に鍼灸をしてはいけない。
   二ヶ月は、胆経に鍼灸をしてはいけない。
   三ヶ月は、心包経に鍼灸をしてはいけない。
   四ヶ月は、三焦経に鍼灸をしてはいけない。
   五ヶ月は、脾経に鍼灸をしてはいけない。
   六ヶ月は、胃経に鍼灸をしてはいけない。
   七ヶ月は、肺経に鍼灸をしてはいけない。
   八ヶ月は、大腸経に鍼灸をしてはいけない。
   九ヶ月は、腎経に鍼灸をしてはいけない。
   十ヶ月は、膀胱経に鍼灸をしてはいけない。

その他、安定するまでは、三陰交、肩井、合谷は禁鍼禁灸穴である。

妊娠中の様々なトラブルに対して、経絡治療は有益であるが、決して無理をしてはいけない。
治療はやんわりとやる。
(私の場合は、基本的にはごくごく軽微な火曳きの鍼で様子を見る。)
一度の治療で取れそうになければ、数多く来てもらえばいいくらいの気持ちで効を焦らない。

大事なことは、症状を取ってあげることよりも、せっかく授かった命を奪わないことである。
診療の手順としては、①全体の神の有無。②右尺中脈の胃の気。②心火(心下部)と脾募(季肋部)の堅さ。これらは必ずチェックする。特に、右尺中脈が弱で、心火が堅ければ、流産の兆候として注意を要する。

私の臨床では、以上を肝に銘じて対応している。

Yさん出産おめでとうございます。
逆子が治ってよかったですね。
Nさん妊娠おめでとうございます。
無事に生まれてくることを願っています。
Sさん妊娠おめでとう。そしてありがとう。
無事に生まれてくることを願っています。
b0125487_2242499.jpg

[PR]
by dentouijutu | 2012-07-28 22:52 | レディース鍼灸

ちびマサアート

ちびマサがレゴで建てた未来のおウチ。
b0125487_8462851.jpg

[PR]
by dentouijutu | 2012-07-28 08:49 | ワイの話

仲間と鍼のお勉強1

東洋はり医学会関西支部の水曜勉強会です。
毎月最終水曜に開催していますが、今回の会場は新大阪丸ビルです。
b0125487_255878.jpg

実技を中心に技術の研鑽に励んでいます。
ここで学んだ事を、患者さんの健康に役立てています。
みなさん真剣です。
僕も今日は、大変勉強になりました。
キーワードは「勝ったかどうか」です。
[PR]
by dentouijutu | 2012-07-26 03:03 | 東洋はり医学会関西支部

勉強会の道中

大学に本の返却をして新たに貸りに立ち寄りました。
学生達がこぞって勉強しています。
テストなんでしょうね。
頑張れ!
[PR]
by dentouijutu | 2012-07-25 14:46 | ワイの話

中野水族館

実家の庭で、ちびマサがすくってきた金魚やメダカを飼っています。
ハッポースチロールに水と花を入れているだけですが、すごい生命力です。
b0125487_10324236.jpg

何気に元気をもらいます。
b0125487_10331962.jpg

これからもよろしく。
[PR]
by dentouijutu | 2012-07-25 10:36 | ワイの話

線香花火

ちびマサと奥さんと家族三人でつかの間のひと時。
b0125487_241155.jpg

癒されます。
ちびマサへ、生まれてきてくれてありがとう☆
奥さんへ、いつも応援してくれてありがとう☆
幸せにします☆☆☆
[PR]
by dentouijutu | 2012-07-25 02:11 | ワイの話

【患者】 男子、中学1年生。
【主訴】 原因不明の腹痛。
【現病歴】 2年前より、朝登校前になると、必ず、腹痛が起こる。医療機関を多数受診するも、症状改善せず。
【望診】 肝体質。
【舌診】 痰紅舌やや厚白苔で乾燥し、舌辺無苔(肝胆の熱)、舌中が剥げている(中焦がやられている)。
b0125487_1573938.jpg

【聞診】 少しあどけない。
【問診】 過敏性大腸症候群も併発していたため、ここ2年間は下痢・軟便(薬で改善)。最近は便秘傾向。イライラしやすい。
【切経】 背部は右膈兪~肝兪までが張っている。
【腹診】 くすぐったがりで一貫堂でいう解毒体質。腹筋が張っている。臍の左側を中心に痛いらしく、押さえていくと左鼠径部に圧痛著明。奇経腹診では陽維脈が出ている。
【脈診】 沈・堅・緊・濇(渋)で5~6拍に1回止まる。
【証】 脾虚肝実証
【経過】 4~5回目の治療より、症状が和らいできた。痛くない日もある。現在継続治療中。
【考察】 肝気の鬱滞が同じ中焦の脾胃に影響していると思われる。
肝鬱の原因が判れば話は早いのだが、これは本人が気づいていない場合がある。
気づいていても教えてくれない場合がある。
しかし体は教えてくれている。
伝統医術の叡智と、己の直感を信じて、目の前の患者を治すだけである。
この子は必ず治る。
[PR]
by dentouijutu | 2012-07-25 02:02 | 小児はり

トイストーリー3最高!

トイストーリー3をちびマサと観た。
良く出来たアニメで、それ以降何度となく録画を観ている。
このアニメを観たき子供はきっと、おもちゃを大切にしようと思うはずである。
b0125487_2338592.jpg

劇中、となりのトトロが友情出演しているので、是非探してみてください。
見つけたときはテンションめちゃくちゃ上がりますよ!
「銀河の彼方へ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
[PR]
by dentouijutu | 2012-07-24 23:48 | ワイの話

三焦経の使い方

古書に三焦経は「五臓六腑の外膜」とある。
つまり五臓六腑を中心に体表を保護しているという事である。
臨床では証に関係なく寒熱を動かしたいときに使う。
熱証であれば三焦経を瀉し、寒証であれば三焦経を補う。
陰虚で虚熱が頭に昇り不眠、耳鳴り等があれば外関やその他の反応所見を瀉せばいい。
寒がりであれば陽池や三陽絡を補えばいい。
b0125487_21551191.jpg

[PR]
by dentouijutu | 2012-07-24 10:54 | 中宮院の病気治し

生活も心も豊かな鍼灸師を目指して。