カテゴリ:ワイの話( 71 )

咳の鍼灸治療

b0125487_22151146.jpg
【患者】俺。
【主訴】咳・喉のイガイガ・痰が絡む。
【愁訴】体がだるい。
【脉状診】沈・数・虚・堅。
【比較脉診】左関上肝が最も虚、次いで左尺中腎の虚。右寸口肺が最も荒々しく硬く実、右関上脾もやや実。心は平。...
【腹診】小腹は虚、大腹は実。肝の診所ざらつき軟弱で虚、腎の診所もざらつき軟弱で虚。肺の診所は硬くつっぱって実、脾の診所やや実。心の診所は弾力があって平。
【証決定】脉証・腹証一貫性により、肝虚肺実証とする。
【病因病理と治療法】証とは病因病理と治療法である。つまり、肝は血を蔵している。肝虚とは血虚である。血は陰である。肝血が虚したとは肝陰の虚である。陰という冷やし潤し引き締める気が虚すと、冷やせないので熱を持ち、潤せないので乾燥し、引き締められないので上昇・拡散する。上焦には肺と心がある。肺に熱が及ぶと肺の津液や陰気を乾かし肺熱や肺燥となったために咳を発症したのである。
この状態が肺の脉に実脉となって現れる。また肺ではなく心に及べば動悸や心臓病等の病症が現れる。
肝陰肝血を補い、肺熱を慎めるように治療すればこの咳は治まる。また腎は津液を蔵しており、肝血を潤している。(肝腎同源・精血同源)腎を補うと肝血も補われる。

以下治療~


【本治法】左の中封と復溜に補法の鍼。肺病のため選穴は経金穴とした。
肺熱を取るために瀉法をしなければならないが、厳密には肺陰虚のため右の魚際に先ずは補法。魚際は火穴であり、補うことで火剋金が作用し、肺実を押さえることができる。これを輸瀉という。
魚際に補鍼後、検脉すると肺実に余り変化がない。そこで素直に瀉すことにした。肺経上を切経すると、孔最~尺沢にかけて盛り上がって硬く実所見になっている。つまり肺経に邪気実が客している。邪の種類で言えば邪熱だ。
孔最~尺沢にかけて圓鍼で経に逆らって推撫でするように押すという手技で瀉法すること3回、肺の実脉が取れた。
この段階で喉のイガイガや倦怠感がマシである。えらいもんである。

【補助療法】宮脇奇経治療より陰蹻脈と足陽明脈を選択、左照海ー右列缺、左陥谷ー左合谷に奇経灸。

【標治法】左の尺沢の四横指上の圧痛点に知熱灸×5壮。
痰の感じが消失。


【考察】肝臓は血を蔵している。この血をエネルギー源にして発散して全身に気を巡らしている。この働きを疏泄とか条達という。
そして足の厥陰肝経が収斂して肝臓に血を集めてくる。
つまり過労やストレスで肝経が虚すと、血を収斂することができず、蔵血できないと発散することができずに気が停滞する。気が停滞すると最初は冷えるが、久しい停滞は緊張軋轢を生み熱を生じる。

①気滞→邪熱。②湿痰→気滞→邪熱。③気滞→瘀血→邪熱。

熱は陽である。陽には上昇・拡散する働きがある。昇れば上焦に行き、臓腑では肺、心あるいは胸、頚肩、頭を襲う。胸痛、頚肩のこり、頭痛、目の充血、のぼせ等々。
また、胸や脇に邪熱が昇り停滞すると乳がんになる。
左側に多いのは左は元々陽で昇りやすいからである。
結局、めんどくさいかもしれないが、証に基づいて治療し、病因病理を解決することは、未病を防ぐことにつながる。
患者の体を癒し、和らげ、治し、さらには防ぐことが東洋医学の東洋医学にしかできないミッションである。


取り敢えず、これで明日の臨床は万全の状態で臨めそうです(^o^)v


[PR]
by dentouijutu | 2016-10-06 00:59 | ワイの話

息子からのクイズ!?

b0125487_17235836.jpg
「お父さんクイズだすで」
「!?」
「二人で一つのことをするとできる三文字は?」
「!?」
「答え、かぞく。」
「何でやねん!?」
「お父さんとお母さんが結婚すると家族になるやん!」
「なるほど!それ誰考えたん?」
「俺!!!」

得意気に話す息子を見て、確信しました。

君はそのpiecefullで愛に満ちた心根が織り成す、君にしかできない何かで、やがて世界中を幸せにするでしょう。

父は一足先に鍼灸で世界中を幸せにします。










[PR]
by dentouijutu | 2016-06-12 17:28 | ワイの話

寝違いの治療

b0125487_20550861.jpg
患者、嫁。
主訴、寝違い。
現病歴、昨日から頚が痛いと言っていたが、ほったらかしにしていたら、今朝は起きるのが困難なくらい痛い。側屈と回旋で右の大椎の際~肩外・肩中兪~肩甲骨内縁に痛みが走る。

やはり年末からおよびおせち料理大作戦の疲労が出たのだろう。
聖典『難経』では飲食労倦(不摂生や労働によって病むこと)は脾の正邪になっている。
腹診、脉診も脾虚でよさそうだ。

手足を適度に使うと消化がよくなるが、度が過ぎると労倦となる。
手足の肌肉(現代解剖学的には筋肉)は陽明経が主になっている。
陽明経を統括管理しているのは脾であるという生理関係から、手足を酷使すると脾を痛める。
それで労倦は脾を病ます病因としているのが古典医学の面白いところ。

特に肉体労働では気血でいうと血を不足させる。
血は陰陽では陰に分類される。
陰血という潤す物質が不足すると乾燥して熱を持つ。陽気が有余する。これを虚から発生したので虚熱という。
また陰には引き締める作用があるから、陰気が虚すと引き締められずに上昇拡散してしまう。
この虚熱が臓腑経絡内外へと波及し停滞したところでコリや痛みが出現する。
労倦によって脾の陰血が虚して発生した虚熱が主訴部の小腸経・三焦経・胆経等に波及して寝違いを引き起こしたのが今回の病因病理だからこれを解決してあげないといけない。
痛めている患部の治療だけでなく、しっかりと根本から治す

ということで先ずは根っこの治療。
脾臓を回復させるために、右の脾経を補う。
手足のツボは末梢ほど頭顔面部に影響するから、主訴部の位置関係から太白とか商丘等のツボがいい。

次に枝葉である患部の治療。
首にある天容と天ユウというツボに刺鍼。

このような治療で少し動くようになった。

さらに補助療法として外関―臨泣にお灸をして、金銀粒を貼付した。
余談だが、外関―臨泣というツボの組み合わせは、指の手荒れによく効く。瞬時にツルッとするから、術者も患者もビックリする。
三焦経は五臓六腑の外膜たる所以であり、ここを巧く調節してあげると外気温の変化、特に冷えから身を守ってくれる。

朝治療して昼前にはすっかりよくなりました。
よかったよかった。
[PR]
by dentouijutu | 2016-01-04 20:54 | ワイの話

ギックリ腰!?

b0125487_20511667.jpg
患者、俺。
主訴、腰痛。
現病歴、年末に1階のリビングで寝てしまった息子を2階の子供部屋まで抱いて行った後から腰が痛くなり、動く度にズキッと痛みが走って思うように動けない。

重たいものを持ち上げて骨を傷めたのと同じ原理だから、腎の変動が考えられる。
腹診、脉診も腎虚になっている。
病・脉・腹が一致したので、先ずは根っこの治療。
左の陰谷を補う。
足の要穴は体幹に近いほど腰下肢に影響し、末梢に近いほど頭顔面部に影響する。

次に枝葉の治療。
右外関―左臨泣・左照海―右列缺に奇経灸。
これで様子をみた。

翌日少しマシ。
同様に陰谷を補う。
奇経も同じ。

翌々日少しずつマシになっている。
やはり左の陰谷を補う。
枝葉の治療として、左右の上前腸骨棘の下内方の反応点と左の環跳に刺鍼。

今日は急患が入ったが、無事に治療ができるまでに回復。

「諸寒収引は皆腎に求む(諸々の痛みひきつりの類いの病は寒邪によるものが多く、治療は腎を考えなさい)」とあるように、この時期はキツい痛みに遭遇する。

寒気は普通は冬の天の気で、大気を冷やし乾燥せしめ、春に向けて地中に陽気を隠し育むために旺気するから、生理的な気候で、健康であれば何ら影響を受けないものである。

しかし、大掃除の疲労や忘年会・新年会による不摂生で人体に虚があると、それに乗じて四時の邪である寒邪となって人体を襲ってきます。

僕も年末でホッと気が緩んだところに寒邪が入っていて、寒の性質である、冷やし固めることで気血を凝滞させられ、それらの素地ができあがっていたところに、息子をさげたために腰を痛めたのだろう。

みなさんもどうか気をつけてください。
[PR]
by dentouijutu | 2016-01-04 20:50 | ワイの話

おめでとうございます!

b0125487_16160666.jpg
新年明けましておめでとうございます。
本年もご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。

引き続きライフワークとして、

痛くない鍼と熱くないお灸で患者さんを病苦から救えるように頑張ります。

生活も心も豊かな鍼灸師に成って家族を幸せにします。

後進の育成に努めます。

そして、

東洋はり医学会関西支部長

(一社)和歌山県鍼灸師会学術部長

森ノ宮医療大学非常勤講師

その他、頂いた全てのご縁に感謝して、精一杯頑張ります。

また母校関西医療学園専門学校のOBならびに、名医宮脇優輝先生の門下生として、その名に恥じないように立ち振る舞っていきます。

また、今年中に御坊で、不妊治療中またはこれから不妊治療に臨む予定の患者さんに向けて、不妊鍼灸説明会を開催します。

中野正得
[PR]
by dentouijutu | 2016-01-04 16:15 | ワイの話

パパ出番です!2

続、娘。

順調に回復していたが、昨夜24:00頃に突然発熱。
直前までは元気に遊んでいた。

嫁が検温、39度強。
頭を触ると熱いが手足は冷たい。

これは滋陰降火湯証だと思い、左足の腎経の要穴に、鍉鍼の丸い方を当て五行程補った。
これが本治法。


次いで、標治法。
鍉鍼の尖った方を母指と示指でつまんで先が少し出るようにして、左右の手の指間全てに水掻きの鍼。


そして全身に小児はりで軽く気を巡らし、
最後に右の後谿に鍉鍼の尖った方でチョンと止め鍼をして終了。


嫁に何かあったら僕を起こすように告げて仮眠。

そのまま朝を迎える。


昨夜の様子を聞くと、夜中泣いて起きたので、月曜に行った応急診療センターに行こうと思ったが、娘を抱き上げると汗をかき始めていたので、これは良くなると察してそのまま寝かせたらみるみる赤ら顔と頭の熱が引いていき、検温すると37度まで下がったとのこと。


今日の午前に小児科に行くと、RSウイルスにかかっていたらしい。

今非常に蔓延しているとのことであるが、3~4日高熱が続いている子が多いみたいで、

それを主治医から聞かされた嫁は、やっぱり鍼をするのとしないのとでは、予後が全然違うなと思ったみたいです。

お昼に様子を見に行ったら元気一杯遊んでいました。


最近はこんな時しか褒めていただけませんが、家族の健康を守れる鍼灸師に成れて何よりです。


高熱は先ず、
①外感病か内傷病かを弁別する。
②外感であればさらに傷寒か温病かを弁別する。
③そして外邪の種類と邪正抗争が行われているステージを弁別する。
④内傷であれば生気の虚損している臓腑を弁別する。
⑤弁証に応じて治療する。


この時期の急性発熱は傷寒が多いが、例えば太陽病や腑の実熱だったとして、太陽病なら汗法を、腑の実熱であれば下法を用いるのが常套手段であるが、小児は首周りが短く発汗しにくい体質であること、下しにかかってもそれが甘いと腑の実熱がぶり返すことから、かえって余計に発熱する場合があり、そうなると熱が督脈から脳髄へと上昇し、脳炎に移行して非常に危険な状態に陥る危険性があることを知っておかなければならない。


そこで柳下先生は、先ず気を下げることを説かれました。
高熱を超逆気と捉えたわけです。
気を下げることで高熱から脳を守ることを最優先するということです。
気を最も下げる経絡は陰中の陰である腎経ですから、復溜などの腎経の要穴を補えばいいのです。


このような治療法を柳下先生に教えていただいたお陰で、子供たちや治療室の小児患者たちが急性熱病を発しても対処出来るように成りました。
あらためて感謝申し上げます。


[PR]
by dentouijutu | 2015-12-10 19:49 | ワイの話

パパ出番です!

月曜の深夜1時頃に急に娘が泣いて起きてきた。
痛い痛いと言って咳をしている。
呼吸が辛そう。
抱いてトントンしても治まらない。

嫁が病院に電話すると、直ぐに来てくださいとのこと。...
ただし、和歌山市の夜間応急診療センターまで車で1時間以上の距離がある。
なので、向かう前に治療することにした。

吸うときよりも、吐くのがしんどい。
上手く吐けずに咳をしている。

先ず列缺ー照海にテスターを貼付すると良いようなので、温熱器で奇経灸。


次に肺虚証で本治法。
脉の良くなる方を確認して、右太淵にてい鍼を当て五行程補った。

全身に小児はりを施し、最後に列缺ー照海に金銀粒を貼付して終了。


和歌山へ車を走らせる。
道中、症状は落ち着きよく眠っている。

病院では、吸引の処置を受けた。
他にも赤ちゃんや子供たちが診察を待っていたが、医師や看護士や薬剤師や医療事務の方々は夜間にも関わらず本当にお疲れさまです。


帰宅したのが、明け方の5時前。
火曜日の臨床は少々キツいものがありましたが、以降は症状も落ち着いたので、それが何よりです。


小児の呼吸器の急性症状は、まあ症状にもよると思いますが、医療機関に委ねるべきです。
気管支喘息やクループ等は、呼吸がしづらくなるので注意して経過を観察する必要があり、状態如何によっては迅速に対応しなけばなりません。
夜間に対応してくれる医療機関を携帯に登録しておくと安心です。

そして鍼灸と併用した方が経過がいいです。
今回もあらためて実感しました。
今は、喘息の発作は医療機関で吸引するので、急性期に鍼灸院に患者さんが訪れる機会は余りありませんが、遭遇しないとも限りませんから、治療法を学んで心づもりはしておかなければなりません。
もちろん慢性の呼吸器疾患は積極的に鍼灸治療をすべきです。
僕の治療室にも、間質性肺炎や肺腫瘍の患者さんがみえられています。


我々の医学では、呼気は肺、吸気は腎の変動です。
奇経もそれに応じて呼気は任脈、吸気は陰キョウ脈と診ます。


以下、解剖と呼吸の生理

吸気・上気道内が陰圧⇒上気道が狭くなる・胸郭膨らむ⇒胸腔内が陰圧⇒下気道は広がる。

呼気・上気道内が陽圧⇒上気道が広がる・胸郭狭くなる⇒肺は弾性力ある⇒下気道は狭くなる。

以上より、
上気道狭窄⇒吸気時に喘鳴来しやすい。  

下気道狭窄⇒呼気時に喘鳴来しやすい。

上気道:鼻腔~喉頭まで。  
下気道:気管~肺胞まで。


正に腎と肺、陰と陽ですね。


[PR]
by dentouijutu | 2015-12-10 19:46 | ワイの話

東日本豪雨災害鍼灸ボランティアに参加させていただきました。

被災された方々が、避難生活をされている、つくばみらい市総合運動公園内体育館まで、最寄りのみらい平駅から車で5分、徒歩だと30分はかかります。
b0125487_22363523.jpg

つくばエクスプレスみらい平駅
b0125487_22365840.jpg

つくばみらい市総合運動公園
b0125487_22373881.jpg

公園内にある体育館。
避難されている方々が最も多いのがこの施設とのことです。
この施設の中で200人近い方々が避難生活をされています。ひとつの家族が畳み2~3畳ぐらいのスペースに回りを段ボールで仕切って生活をされています。プライベートも何もない空間で眠れぬ夜を過ごされているのが容易に想像できます。
b0125487_22381430.jpg

炊き出しの方々です。
b0125487_22520198.jpg

隣町より遥かに離れた地区から中学校の野球部の少年たちが炊き出しや掃除のお手伝いに来ていました。この国の未来も捨てたもんじゃありません。
b0125487_22554097.jpg

救援物資です。ようやく新しい畳みが避難されている方々に届けられたとのことでした。水害で通れなかった道路も通れるようになってきたので、これからドンドン足りないものが届けられるはずです。
写真の前のほうに写っているのは、子供のおもちゃです。
そうなんです。
子供たちも避難しているのです。
避難されている方々は、日中は、みなさん自宅に戻って、家の中の泥や流れ込んできた流木などの除去作業をされているそうです。
子供たちはその間、ボランティアの保育士の方々とおもちゃ遊びをしたりなどして、過ごしています。
僕も子供たちと会話をしましたが、元気そうで良かったです。
保育士さんの存在は親御さんにとっては有難いと思います。

b0125487_22561472.jpg

体育館横に組み立てた、鍼灸ボランティアを行うテントです。このテント内にベッドを配置して鍼灸治療を行いました。
このテントは宮城県鍼灸師会の先生がわざわざトラックに積んで運んできてくださったそうです。
支援の和です。
b0125487_22571450.jpg

中はこのような感じです。治療に必要な一通りの用具が揃っています。
b0125487_22574123.jpg

着替え等のプライベートに配慮してベッドを仕切っています。
b0125487_22583094.jpg

和歌山から持参した温熱器で、首肩や足腰を痛められた患者さんにお灸をさせていただきました。お灸は熱くなく、体も楽になったと喜んでいただきました。
b0125487_22585716.jpg

数日前から休まずに鍼灸ボランティアをされている茨城県鍼灸師会の先生方と撮影させていただきました。鍼灸ボランティアは連休後も続けられるそうです。
本当にご苦労様です。

避難されている方々は、被災後の精神的なショック、除去作業による腕や足腰の負傷、長い避難所生活によるストレスなど、あらゆる方面で心身の疲労が蓄積されます。

心身の疲労を両面からケアすることができる僕たち鍼灸師は、災害時には必ず必要となります。
ですが、日常の臨床があるため、在中するのは難しいです。
だからこそ、全国から鍼灸師がかけつけて交代で治療にあたることで、特設鍼灸施術所を最後まで開設することが可能となります。
水害後すぐに、福島からも鍼灸師の先生がかけつけて治療はもちろん、避難されているお年寄りの方々を集めて、体操などを行っていただいたそうです。
今後は、避難されている方々だけでなく、市の職員やボランティアの方々など、支えてくれている方々の鍼灸ケアも必要になってきます。
間違いなく疲労が蓄積されているはずです。
鍼灸ボランティアに参加してみたい、またはこのような現場で鍼灸治療を施してみたいでも構わないと思います。
是非一度足を運んでみてください。
実際に行ってみて初めて分かることばかりです。
先ずは所属している鍼灸師会を通じて問い合わせてみてください。

また、除去作業は大変な作業です。
僕も平成23年の紀伊水害の時に、天井の手前まで積もった泥をかきだしたり、流されてきた流木の撤去等のお手伝いさせていただきましたが、一家屋に何十人ものボランティアの方々で入っても、とても1日では終わりきらない作業量でした。
本当に大変です。
鍼灸で痛みや疲労を和らげてあげるということは、そのような方面からも貢献することができるのです。

20日夜に現地入りして21日には帰宅しなければなりませんでしたが、本当に貴重な経験をさせていただくことができました。
茨城県鍼灸師会の先生方を始め、ボランティアの方々のお疲れがでないことを願うばかりです。
そして何よりも被災された方々が、1日でも早く安息の暮らしを迎えられるように願っております。
[PR]
by dentouijutu | 2015-09-21 22:31 | ワイの話

新たなる鍼の聖地?

b0125487_00011387.jpg

旅の途中、偶然、道の駅「針テラス」に立ち寄りました。

新たなる鍼の聖地になるかもです。
b0125487_00053254.jpg

ここで食べたアイス最中の塩大福味が美味しかったです。
[PR]
by dentouijutu | 2015-08-18 23:56 | ワイの話

ブレゼント

b0125487_14321542.jpg


娘の誕生日に、義姉夫婦からいただいた、旦那さんによるハンドメイドのキッチンセットです。
最高のブレゼントです。
[PR]
by dentouijutu | 2015-03-17 14:31 | ワイの話

生活も心も豊かな鍼灸師を目指して。

by 臨床ファンタジスタ