カテゴリ:紀南地区在宅ケア研究会( 1 )

僕は、紀南地区在宅ケア研究会に所属しています。
同研究会で副会長を務めておられる、(一社)和歌山県鍼灸師会会長・萩野利赴先生にお誘い頂いたご縁がきっかけです。
研究会発足から現在に到るまでの活動の集大成とも呼ぶべき記念すべき講演会が、一年の準備期間を経て2014年4月13日(日)、和歌山県田辺市にある紀南文化会館小ホールにて開催されました。
第一部は医療法人社団裕和会理事長 長尾クリニック院長 長尾和宏先生による特別講演。
第二部は関係専門職によるシンポジウムです。
b0125487_19293542.jpg

会場の紀南文化会館。
b0125487_19303323.jpg

周辺のロケーション。
南方熊楠や弁慶の出身地で有名な田辺市は、豊かな自然に囲まれた素晴らしい土地です。
b0125487_19305429.jpg

収容人数450人の大きなホールです。
b0125487_19322972.jpg

朝早くから集合して打ち合わせです。
段取りを説明する萩野副会長。
b0125487_19332673.jpg

ミーティングの様子。
b0125487_19334838.jpg
b0125487_1934530.jpg

熱心に確認する会員のみなさん。
b0125487_19345189.jpg
b0125487_1935614.jpg
b0125487_1936069.jpg

みんなで一緒に配布資料作り。
b0125487_193623100.jpg

書籍の準備。
b0125487_19365017.jpg
b0125487_19371774.jpg

受付の準備。
b0125487_19373316.jpg
b0125487_19375229.jpg

会員フォト①
b0125487_19382152.jpg

会員フォト②
b0125487_19383728.jpg

会員フォト③
b0125487_19385649.jpg

会員フォト④
b0125487_19394745.jpg

会員フォト⑤
b0125487_1940699.jpg

会員フォト⑥
b0125487_19402135.jpg

特別フォト①萩野先生のランチタイム
b0125487_1941762.jpg

特別フォト②この後、開会の挨拶や講演座長を控える萩野先生を万全の状態で送りだせるように治療する鍼灸師の薮中氏。
b0125487_19422028.jpg

シンポジウムの打ち合わせをする座長とシンポジストとパネリストのみなさん。
b0125487_19425228.jpg

b0125487_19432596.jpg

さあ、いよいよです。
b0125487_19454842.jpg

司会の平さん。
b0125487_19462967.jpg

開演。 
b0125487_19464699.jpg

木下賢治会長に代わり、挨拶を代読する萩野副会長。
b0125487_1947725.jpg

大入りです!
b0125487_19475341.jpg

b0125487_1948268.jpg

b0125487_19485074.jpg

長尾先生の特別講演が始まりました。
タイトルは『自宅は最高の特別室』。
サブタイトルは~とても大切な時間の流れ 住み慣れた地域で生活していけるのか~。
b0125487_19491492.jpg

在宅介護について、終末期の緩和ケアや平穏死について、自宅で看取ることの大切さについてなど、
これからの日本社会にとって考えさせられるお話ばかりです。
シリアスなテーマですが、会場は笑いと涙に包まれ、長尾先生のお人柄が滲み出た和やかなご講演となりました。
b0125487_19494212.jpg

長尾先生はたくさんの著書を出されています。
興味のある方は是非書店にてお買い求めください。
b0125487_10361822.jpg

「ばあちゃん介護施設を間違えたらもっとボケるで!」で長尾先生と共著の、まるちゃんこと(つどい場さくらちゃんのオーナー)丸尾多重子さんと記念撮影させて頂きました。
ありがとうございました。
b0125487_1950621.jpg

休憩を挟み第二部、シンポジウムです。
まず3名のシンポジストのみなさんが、それぞれの立場から在宅にどのように関わっているかをお話されました。
トップバッターは、訪問看護師の岸本都美子氏。
b0125487_19504297.jpg

続いて、福祉用具専門指導員の神澤一平氏。
b0125487_1951826.jpg

最後は、鍼灸師の後藤田有美氏。
b0125487_19512870.jpg

進行するのは、座長の崎山賢士氏。
b0125487_19514971.jpg

引き続いて、9名のパネリストによるシンポジウム。
医師、訪問看護師、ケアマネージャー、薬剤師、理学療法士、デイサービス、福祉用具専門相談員、訪問介護員、鍼灸師とこれだけの医療・介護専門職が関わっています。
b0125487_19524010.jpg

順に、ケアマネージャーの西崎雄二郎氏、鍼灸師の後藤田有美氏、薬剤師の口井倫子氏。
b0125487_19531882.jpg

理学療法師の吉田智子氏、デイサービスからは原富子氏、福祉用具専門指導員の神澤一平氏。
b0125487_19534160.jpg

訪問介護員の安田晴美氏、訪問看護師の岸本都美子氏、医師の竹村英一先生。
b0125487_19535976.jpg

引き続き、座長はオーディエンスとパネリストの橋渡し、崎山賢士氏。
b0125487_19541940.jpg

このシンポジストでは、それぞれの立場から、サービスの利用者やそのご家族との関わりなど、生の声を聴く事が出来ました。
これだけの専門職が一堂に会すると圧巻です。
このシンポジウムをもって、講演会が無事に終了しました。

b0125487_19545920.jpg

長尾先生、来客者をお見送りした後、控室に戻って、最後のミーティング。
会員のみなさんに慰労の言葉をかけられる萩野先生。
b0125487_19552574.jpg

感慨深げな会員のみなさん。
b0125487_19554720.jpg

最後にみんなで記念撮影。
b0125487_1956725.jpg

一年前からこの日のために準備をしてきたわけですが、成功を収めるために、会員のみなさんが動きやすいように、企画・運営・広報・渉外から全工程を中心となってまとめてくださった萩野副会長をはじめ、その実務の多くに加担された、はぎの鍼灸院スタッフの後藤田先生、そして紀南地区在宅ケア研究会員の諸先生・諸先輩方のお陰をもちまして、最高の講演会となりました。
このような、プロジェクトに参加させて頂き光栄です。
本当にありがとうございました。
[PR]
by dentouijutu | 2014-04-16 19:40 | 紀南地区在宅ケア研究会

生活も心も豊かな鍼灸師を目指して。

by 臨床ファンタジスタ