b0125487_08071079.jpg

10/31(月)、予定日になっても陣痛が来ない41週目の妊婦さんが助産師の先生と一緒に来院されました。
3日木曜には入院が決まっている。
この時子宮口1㎝未満。
初産で3日連続促進剤を使って余りにもしんどすぎたため、今回は何としても促進剤を使わずに産みたい!
左の腎虚証と診立てて鍼治療をし、中宮院で行っている安産灸、肩井(けんせい)・合谷(ごうこく)・蠡溝(れいこう)・三陰交(さんいんこう)・中封(ちゅうほう)・至陰(しいん)に知熱灸(ちねつきゅう)。

※【安産灸】
妊娠中におこる様々なマイナートラブルを予防しまた和らげるお灸治療です。
早流産の予防、つわりの軽減、妊娠中毒症の予防と治療、逆子の予防と治療、難産の予防が期待できます。
中宮院では、肩井と合谷というツボに予定日の20日前から施灸することで、予定日に産まれるようにしています。
また、妊娠中安産灸をすえつづけて生まれたお子さんはみんな肌艶がとてもキレイで喜ばれています。


11/1(火)、みなさんからいただいた元気玉を押し手と刺し手とハートに宿し、同様の治療。

11/2(水)、病院に検診に行くと、子宮口が3~4㎝に開いていた。
入院を満42週目となる7日月曜まで待ってくれることに。
治療は同じ。


11/3(木)、同様の治療。

11/4(金)、おりものが多くなる。左腎虚で鍼、蠡溝は止める作用があるためこの穴を除いて知熱灸。

11/5(土)、おりものに血が混じる。左腎で引き下げてダメなら押し下げようと右の肺虚証で鍼治療をし、肩井・合谷・三陰交・中封・右至陰尖(しいんせん)に知熱灸、陣痛促進穴に円皮鍼を貼付。


11/6(日)、前日と同様の治療。最後の治療に全てを託す。
その晩の22:47分に陣痛が始まったと連絡あり(ヨッシャー!!!)。
これから助産院に向かうとのことなので、僕も仕事先から直行。
23時過ぎに全員で分娩室へ。
まだ5分間隔なので、もう一度鍼治療をしようとしたが、不思議なことに脉診(みゃくしん)するとどこも悪くない。
これは気は調っているから必ずいけると確信。
「鍼はしなくても大丈夫です」と伝えると、「えー何でそんなことが分かるんですかー!?」と先生の反応がダイレクトで素晴らしい(^_-)-☆素敵なお人柄が本当にじみ出ておられます。
鍼治療はせずに肩井・合谷・三陰交・右至陰尖に知熱灸。
その最中に、市外から助っ人で駆けつけて下さったベテランの助産師の先生が入室。
施灸を見るなり、「それ、逆子のお灸やんなー?」とよくご存じで。
施灸後、陣痛がやまることがないように(今夜で絶対に決める!)、ご主人に合谷を指圧してもらい、僕は肩井を担当。
3分間隔になり2分間隔になる。
陣痛時は指圧を一旦止め、神厥(しんけつ)・胎元(たいげん)・命門(めいもん)あるいは命門・胎元・神厥というツボに手をあて気を送って和痛をはかる。

合間に助産院の院長先生と、助っ人のベテラン助産師の先生と談笑、ご主人のお母さんも愉快な方でムードメーカー役を一手に引き受けておられました。
何だろう、このアットホームな空間は。
もう間違いなくみなさん、助産院で産んでほしいです。
鍼灸に東洋医学に興味津々でいっぱい質問をしてくださいました。
僕も陣痛のことや分娩のことや心音を計る目的等々、それ以外にもたくさんのことを教えていただきました。
助産師のお二人とも、妊婦さんに寄り添って呼吸を指導したり、背中や腰をさすってあげたり、とにかくメチャメチャ優しい。もう半端なく慈愛に溢れていらっしゃる。
医療従事者のあるべき姿を学ばせていただきました。
この交流のご縁を繋いでくださったのはまぎれもなく、目の前で頑張っている患者さんです。
感謝しかありません。

そして3時過ぎにいきみたくなってきたので男性陣は分娩室を退出。
待合室でひたすら祈る。

そして・・・。

ついにその時が訪れたのは午前4時過ぎ、この世で最も尊い命の泣き声が。
3250グラムの女の子を無事に出産。
本日7日月曜8:30分に待ち構えていた強制入院までに何とか間に合う。
患者さんの促進剤を使わずに赤ちゃんを生みたいというたっての希望が叶いました。

ミッションを完了したので、ご主人と院長先生にお礼を言って、助産院を後にし帰宅。
妻と喜びを分かち合い、午前6時に仮眠。
束の間の休息を取って治療室へ。
一生懸命にお灸をしてくれたお弟子さんやスタッフに報告。
彼らもまた、MAKE MIRACLE 中宮院の立役者です。

最後に、奇跡のおこしかたが分かりました。


『絶対に信じて諦めないこと』
奇跡が起こる度にそう思わずにはいられません。


『一人の力では到底なし得ないこと』
今回もみなさんの支えがあったからこそです。

患者さんの治したい治りたい気持ち、治療家の治してあげたい気持ち、ご家族の無償の愛。
願いと祈りが魂を呼び起こし、一本の鍼とひとつまみの艾に宿りし時に、初めて奇跡が起こります。
左手と右手とハートをリンクさせる。
この意味が少しだけ分かった気がします。

全ての方々にSPECIAL THANKS。

臨床ファンタジスタ 中野正得


[PR]
by dentouijutu | 2016-11-08 08:06 | レディース鍼灸

歯痛

奥さんが夜中に左上歯が痛くて眠れないと言い出したので、左レイダに刺絡治療。

5滴ほどお血を絞るとピタッと痛みが止まった。

小さい子どもを二人も育ていると、歯医者に行く間もないらしい。

同じように自分のことに時間の割けないママさんたちがいっぱいいるんだろうなぁと、考えさせられます。

片手間で応急処置が出来るので、鍼灸師に成ってよかったなとまたまた思いました。

それ以上に奥さんの支えに感謝です。
[PR]
by dentouijutu | 2014-03-07 11:35 | レディース鍼灸

安産の治療

患者♀

3度目の出産。

過去2回は帝王切開。

臨月に入ってから来院。

今回は自然分娩でいけそうとのことであるが、過去とも難産なので、出来るだけ楽に産みたいとの事。

腰痛と立ちくらみと肩こりがある。

肝血虚と診て(四診法は割愛)、左太衝に補法。

いわゆる安産灸というのを希望されているので、右三陰交と右至陰に知熱灸。

自宅でもすえるように指導。

ところがその日の20時頃から陣痛が始まる。

21時に分娩室に入り、24時に無事出産。

お産は軽かったとの事。

元気な男児ですと報告を頂いた。

お役に立てて何よりです。

それにしてもよく効いた。

本治法が適切だったからこそ、安産灸の威力が最大限に発揮されたのだと思う。

安産灸のポイントは三陰交である。

正確に取穴すれば、たった1~2壮の知熱灸で事足りる。

表面から陥凹している所見は意外と少ない。

浮腫んでいたり、ボテッとしていることの方が多い。

よくよく探ると、表面から少し按圧すると空虚なところがある。

ここに取る。

透熱灸は患者さんにとって苦痛を伴う事が多く、嫌がられるのは目に見えている。

治療の前にこれでは、せっかくの安産灸も意味がない。

鍼もしかりである。

痛くなく、熱くなく、こわくなく、人にやさしい治療。

今後ますます需要が増えるであろう。

筋肉を対象にすれば深く刺さなければならない。

気を対象にすれば、刺さない鍼(接触鍼)と皮膚を焼かない知熱灸で十分治療が出来る。

感染も防げる。

患者にとっても施術者にとっても、安全この上ない治療である。
[PR]
by dentouijutu | 2012-11-20 16:58 | レディース鍼灸

つわりの治療。

患者♀。

主訴、つわり。

現病歴、最近妊娠が分かったばかりであるが、上に込みあがってきてしんどいという。食事をとると憎悪。

顔面の気色を診ると、前頭部に吹きでものが多数散在。これは陽明経の熱である。鼻の肝の部が広い範囲で白く色が抜けている。肝血が虚していると診た。

舌質はやや淡で膩苔が拡がる。

脉は弦・滑で懐妊の脉象である。

右尺はしっかり打っている(ここは最重要)。

ただし、肝が全くない。

右関上は強烈に渋る。

お腹は小腹に艶がない。

診立てとしては、蔵血が出来ないから、疏泄出来ずに、中焦に湿熱を生じているものと思われる。

治療、右太衝に鍉鍼でやんわり補法。左大腸経上に点ではなく線で現れている邪を圓鍼で押し撫でる瀉法で陽明経の清熱を図る。

効果判定、脉が通る。気色と舌が変化する。

患者に問うと、気分がスッとすると答える。

ごく軽く腹部に鍼をして終了。

妊娠初期であるため、安定期に入るまでは無理は禁物である。

鍼灸治療も上手にやれば、妊娠中の諸問題を楽にしてあげられるが、効を焦って無茶な治療だけは絶対にしてはいけない。

症状を取ることよりも、無事に生まれてくることの方が最優先である。

これを総ての鍼灸師に対して、忠告する。
[PR]
by dentouijutu | 2012-11-12 00:46 | レディース鍼灸

妊婦脈図月禁法の続き

懐身すなわち妊娠の一ヶ月を始形と名づける。

飲食物は必ず良く熱し、酸く味の良いものをとるようにする。

性行為は避けなくてはいけない。

また辛いものやなまぐさいものを食べてはいけない。

これを始載貞という。

「病源論」では大麦を食べよといっている。

一ヶ月は、足の厥陰脈を養なう。

その経に針灸をしてはいけない。

厥陰は肝で、肝は筋を主るものであり、力仕事をしてはいけない。

寝る時には必ず安静にし、恐畏させたりしてはいけない。

足厥陰肝脈図

右(*左右ではなく正面からみて右にある図という意味)の肝脈の穴は大敦の上より、

陰廉に至る所で各十二穴である。

また募の二穴を期門と名づける。

また輸の二穴は、脊の第九椎の節の下の両傍各一寸半に在る。

以上の諸孔はすべて針灸をしてはいけない。

これを犯せば危険を招くことがある。

以上が、妊娠一ヶ月の注意事項であるが、この時期が最も大切である。
重たいものを持たないことが基本で、更に種々色々とあるが、最も大事なことは「ダイジョウブ」と自分とお腹の中の子供を信じることである。
[PR]
by dentouijutu | 2012-08-12 20:11 | レディース鍼灸

不眠、下痢、倦怠感の妊婦の治療を脾虚で治療。
経絡治療家は妊婦の治療も度々引き受けるが、以下注意事項を記載する。

『医心方』によると、(超重要!)b0125487_22581346.jpg
懐妊一ヶ月は、肝経に鍼灸をしてはいけない。
   二ヶ月は、胆経に鍼灸をしてはいけない。
   三ヶ月は、心包経に鍼灸をしてはいけない。
   四ヶ月は、三焦経に鍼灸をしてはいけない。
   五ヶ月は、脾経に鍼灸をしてはいけない。
   六ヶ月は、胃経に鍼灸をしてはいけない。
   七ヶ月は、肺経に鍼灸をしてはいけない。
   八ヶ月は、大腸経に鍼灸をしてはいけない。
   九ヶ月は、腎経に鍼灸をしてはいけない。
   十ヶ月は、膀胱経に鍼灸をしてはいけない。

その他、安定するまでは、三陰交、肩井、合谷は禁鍼禁灸穴である。

妊娠中の様々なトラブルに対して、経絡治療は有益であるが、決して無理をしてはいけない。
治療はやんわりとやる。
(私の場合は、基本的にはごくごく軽微な火曳きの鍼で様子を見る。)
一度の治療で取れそうになければ、数多く来てもらえばいいくらいの気持ちで効を焦らない。

大事なことは、症状を取ってあげることよりも、せっかく授かった命を奪わないことである。
診療の手順としては、①全体の神の有無。②右尺中脈の胃の気。②心火(心下部)と脾募(季肋部)の堅さ。これらは必ずチェックする。特に、右尺中脈が弱で、心火が堅ければ、流産の兆候として注意を要する。

私の臨床では、以上を肝に銘じて対応している。

Yさん出産おめでとうございます。
逆子が治ってよかったですね。
Nさん妊娠おめでとうございます。
無事に生まれてくることを願っています。
Sさん妊娠おめでとう。そしてありがとう。
無事に生まれてくることを願っています。
b0125487_2242499.jpg

[PR]
by dentouijutu | 2012-07-28 22:52 | レディース鍼灸

膀胱炎の治療

ここ最近、膀胱炎の患者を数名診る機会を得た。
古書では、「小便淋歴」という。
代表的病症は、頻尿と残尿感。
治療のポイントは、正しい証に基づいて生気を充実させる事が大前提であるが、邪の処理である。
多くは膀胱経に出る。
この際、飛陽よりも、委中から瀉す方が有効な事が多い。
委中は膀胱経の下合穴であり、下合穴は腑の病症に対応する。

胆経に出る場合がある。
この時は、懸鐘(絶骨)に取る。
淋病の名灸穴にこの懸鐘と三陰交の打ち抜きの灸というのがある。
懸鐘は淋病に効くということである。
小便の病気を全て淋という。

標治法は、足の三焦経のめぐりを良くする。
場所は下腿の胆経と膀胱経の間で、委陽~崑崙までに現れる硬結を上から下まで順番に緩めていく。
そしてムノ治療が良く効く。

注意としては、発熱している場合である。やってもいいが、(私はやったが)熱が甚だしいものは腎盂炎の可能性があるので、専門の医療機関を薦める。この見極めと思い切りのよさが大事である。
b0125487_881457.jpg

[PR]
by dentouijutu | 2012-07-24 07:44 | レディース鍼灸

生活も心も豊かな鍼灸師を目指して。

by 臨床ファンタジスタ