誰でもできる口内炎の治療2

b0125487_01552716.jpg

経絡治療の父、井上恵理先生はこう仰っています。
「口内炎は胃腸の熱だと言うが、胃が余計である。」
小腸の熱だということです。
幅を持たせて心・小腸の変動でいいと思います。

b0125487_01561004.jpg

ということで、支正穴に皮内鍼をとめます。
口内炎が治まるまでとめておきます。

b0125487_01563464.jpg

少沢穴の井穴刺絡も大変に有効です。

大事なことは小腸経単独では鬱熱することは少ないです。
腎精の虚や肝血虚から心・小腸へと波及します。
腎と心は共軛です。
腎と小腸は表裏共軛です。
肝と心は相生です。
肝と心包は共軛です。
肝と小腸は子午陰陽関係です。

如何なる時でも、病を治するには本を求めます。

[PR]
by dentouijutu | 2017-03-22 01:54 | 鍼灸師・鍼灸学生のためのお部屋

生活も心も豊かな鍼灸師を目指して。

by 臨床ファンタジスタ