人気ブログランキング |

表を以て裏を知る(第5回)~弁証求因

弁証求因とは、内外の診察の方法に基づき、患者の証候(自覚症状と四診から得た体表観察所見)をもとに、分析、総合し、病の本質(原因)と傷害の所在(外感病か内傷病か)を明らかにして、臨床治療に正確な根拠を与えることである。

病態を正確に知るためには、病因・病位・病程等各方面に対し全面的な理解を深めることが必要である。
理解するための手がかりが証(候)である。

弁証求因の「因」は原因の因であり、内外で発生した病気の原因(六淫・七情・飲食労倦)の他に、病の経過で生じた病変をも含み、弁証し施治する上で主要な根拠とすべき素因を意味する。

気鬱・瘀血・痰飲・虫積等は、内・外・不内外因の三因には含まれていないが、弁証においては現在の症状を引き起こした主な原因と考えられ、治療に当たり重要な根拠とされる。

弁証求因とは、患者の臨床上の証候に基づいて、病因は何か?病位は何経か?どの臓腑にあるか?その病態の進展と病状はどう位置付けるか?等を確定するもので、これによって得られた診断を治療指針とすることができる。

感情の起伏によって、肝臓が傷ついたために、頭痛がしたり血圧が高くなったという事が判れば、鍼灸では肝経を治療し、湯液では肝の気血水に対する生薬を煎じればいいということが分かるのである。

また経験的に、外部の症状を通じて、内部の状態を知ることもできる。

故に、症状=病症は弁証の重要な根拠の一つである。

しかし弁証の「証」という意味は、個別の症状や病名、表面に現れた総合的な症候群を表すものでもない。
あくまで、証は四診で得られた結果を含み、また内外の発病原因を含むもので、病の特徴や性質および現段階の主な傷害を全面的具体的に表すものである。

例えば、患者が発熱を訴えたた時、ただこの発熱という症状だけでは弁証の結論は導き出せない。

何によって発熱したかを知らねば正しい診断とそれに基づく治療ができない。

発熱には、外感病と内傷病によるものがある。外邪にやられたためか、ストレスで内から傷られたからか。
証候でいえば、発熱・悪寒・頭痛・脈浮・舌苔薄白・病が初期ならば、これらに基づいてこれは外邪にやられたために起こった外感表証の発熱で、内傷裏証の発熱ではないと暫定的に仮定することができる。

さらに進めて外感表証を分け、外感風熱か外感風寒かを弁別しなければならない。(脈浮緊・舌紅くなく・口渇かずは風寒、脈浮数・舌紅・口渇は風熱)。

弁証とは中国医学の理論と照らし合わせ、細かく細かく分析し、順を追って深く進み、弁証求因に到達し、治療の方向を指し示すのが目的である。

また嘔吐という病症であれば、これは胃気上逆によって生じるものであるが、胃気が上逆するのは胃の腑の病に限らず、肝気が横逆して木剋土で脾胃を攻めたために引き起こされるものもある。よく胃がムカムカするというが、あれは肝気が刺激されて怒の感情が高ぶったためであり、まさにムカついたためである。

胃の腑だけの問題なのか、肝気横逆が原因なのかを知るためには、肝気横逆の病症を見分けなければならない。

もし嘔吐が情緒の鬱怒・胸脇苦満(脹満)・呑酸吐酸・脈弦で有力・舌辺紅あるいは無苔を確認できれば、肝気が高ぶって同じ中焦の脾胃に横逆したために発病した嘔吐証と断定でき、脾を補って肝を瀉す治療の根拠になる。

このように、細かく弁証することにより病に対する真の理解が得られ、診断は一層確実になり、治療にあたって「審因論治」というさらに高い水準に達することができる。

弁証を通じて、病状を理解し、病の原因を求めることが診断学の基本原則である。

参考文献
『広東中医学院 主編 中医診断学 中医臨床参考叢書』(松本克彦訳)
b0125487_11533827.jpg

by dentouijutu | 2014-10-12 11:30 | 表を以て裏を知る

生活も心も豊かな鍼灸師を目指して。