ギックリ腰

父親の会社の部下がギックリ腰に。

半ば強制的に治療の要請・・・。

肝虚である。

仙腸関節周囲を肝の経筋が走ることから肝に変動があるとここに異常が起こり、これが原因でギックリ腰になる。

さらに放置しておくと、ヘルニアや脊柱管狭窄症等に罹患する。

肝は胆と表裏をなす。

胆の裏には心がある。

肝はストレスに弱いし、心が病むとつまり精神的なものがあると子午関係で胆に影響する。

肝胆は同じと考えていいから、やはり肝に影響することに代わりはない。

姿勢や過労でも仙腸関節がズレることがあるが、上記の理由により、ストレスでズレることが実は圧倒的に多い。

怒傷肝でもギックリ腰になる。

これらはすごく大事なことだから、よく覚えておいたほうがいい。

治療後、楽になったようである。

休みの日で邪魔くさかったが、やっぱり治療は勉強になる。

自分は治療が好きなんだなとあらためて思いました。

これらを見破り診察から治療終了まで約15分程度。

これが今の現在地である。
by dentouijutu | 2013-04-07 21:09 | 中宮院の病気治し

生活も心も豊かな鍼灸師を目指して。