人気ブログランキング |

散鍼

散ずる鍼と書いて、散鍼。

僕は必ず、全体治療の一環として散鍼を行う。

気の変化に対しては、井上流を用い、

血の変化に対しては、石坂流を採用している。

独立した治療効果というよりも、本治法の効果をより高めるまたは、全身の気血を巡らすというほどの意味でやっている。

散鍼をすると必ず堅い脉が柔らかくなる。

治療家の手を作るのには持ってこいなので、散鍼の練習を広く奨める。
by dentouijutu | 2013-04-07 18:42 | 中宮院の病気治し

生活も心も豊かな鍼灸師を目指して。